【HabuColumn】玉城久美子 #09
By habu-connection On 7 12月, 2018 At 12:30 AM | Categorized As HABUコラム, 玉城 久美子 | With 0 Comments

【HabuColumn】玉城久美子
#09 マルチカルチャーのお祭り!鶴見ウチナー祭

去る11月10日(土)・11日(日)に、「鶴見ウチナー祭」が開催されました。
今年で3回目となるこのお祭り、今回の目玉はやはりBEGINの出演だったでしょう。
その他にも多彩な人気アーティストのステージが無料で見られることもあり、ちょっと行きづらい(スミマセン・・・)場所でありながら、10日は2万人、11日は5万人と計7万人が来場したということです。(ウチナー祭公式フェイスブックページより)

かく言う私も、BEGIN目当てで11日(日)に初めて参加してきました!
お昼を回らないうちに到着したにも関わらず、ステージ前の広場は既にレジャーシートが敷き詰められ、ヒト・ヒト・ヒトで大賑わい。
「甘くみていたな・・」と着いて早々反省です(笑)。

とにかく座る場所を確保し、先ずは実行委員長の下里優太さんの元へ。
下里さんと話す中でこのお祭りのテーマを知りましたが、それを知らずに来ていたことにこれまた反省したと同時に、良いイベントだなぁと感激しました。
鶴見には多くの沖縄県人が移り住み居を構え、「沖縄タウン」と呼ばれていることは勿論知っていましたが、鶴見区は沖縄系南米出身者も多く暮らしている地域であり、このお祭りは、「沖縄と南米が融合したカルチャーの発信」が大きなテーマであるということです。
(オリジナルTシャツにも「Multicultural Okinawa × SouthAmerica × Tsurumi」の文字が)
そういえば、よくよく見回すと、南米料理店も出店しています。
サンバのステージや「沖縄★南米ことばクイズ」といったイベントも。
南米系と思われる三世代ファミリーが芝生でランチを広げながら祭を楽しんでいる光景も所々に見られ、「このお祭りは地域に溶け込んでいるんだなぁ」と、感動すら覚えました。

さてさて、イベント内容に話を戻します。
沖縄グルメや南米グルメあり、三線やエイサーの無料体験あり、もちろんステージパフォーマンスは引っ切り無し。
小さなお子様から大人まで、朝から晩まで楽しめる内容となっています。
オトナ女子の私たちは、「泡盛ガーデン」にてまったり泡盛を。。。
ブラジリアンソーセージや宮廷菓子の「冬瓜漬け」を泡盛のお供とし、暖かな日差しの下、美酒に酔いしれました。
泡盛通のスタッフに飲み方を教えてもらえるので、飲み慣れていない方でも十分に楽しめるコーナーです。

15時半を過ぎ、いよいよ祭りのフィナーレへ。
「BEGINのマルシャショーラin横浜つるみ」が最終ステージとなり、盛り上がりは最高潮に達しました。
ブラジルサンバの起源となったと言われる二拍子のブラジル音楽「マルシャ」のリズムにのせ、BEGINナンバーや昭和のヒット歌謡、沖縄の島唄などをノンストップのメドレー形式で演奏していくという構成は、まさに日本・沖縄・ブラジルを融合したスタイル。
「ショーラ」はBEGINの出身地・八重山諸島の方言で「〜しましょう」を意味し、「マルシャショーラ」は「みんなで一緒にマルシャしましょう」という音楽です。
ステージと観客席が一体となった雰囲気は素晴らしく、「島んちゅぬ宝」が演奏された時には思わず涙が溢れてしまったほど。最高の気分で会場を後にしました。

鶴見ウチナー祭を一言で表すと「アジア各国そして南米など、様々な文化が融合した沖縄カルチャーの醍醐味がここで味わえる」、そんなお祭です。
踊りや音楽、食、工芸、笑い・・沖縄を丸ごと体感できますので、行かれたことがない方も、ぜひ来年はお出掛けください。
来年の開催日は2019年9月21日(土)、22日(日)に決定しているそうです。

※ ステージ撮影は、BEGIN登場前のものです。


HabuColumn 玉城久美子 バックナンバー

Blog: http://kumyokinawanlifestyle.ti-da.net
料理教室情報: http://kumyokinawanlifestyle.ti-da.net/c414552.html
Instagram: https://www.instagram.com/kumy_s/


  お問い合わせバナー