【HabuColumn】玉城久美子 #10 沖縄野菜、シーズン到来です!
By habu-connection On 21 12月, 2018 At 12:11 PM | Categorized As HABUコラム, 玉城 久美子 | With 0 Comments

【HabuColumn】玉城久美子
#10 沖縄野菜、シーズン到来です!

「沖縄野菜のシーズンが来ました!」

そう聞いてピンと来る方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?
沖縄の農産物は、他の地域と旬の時期がずれているのが特徴で、野菜が不足しがちな冬にも暖かな沖縄では野菜が作られており、春にかけて収穫量が増えます。

根菜類はもちろん、ハンダマ(水前寺菜)、ニガナ(ホソバワダン)などの野草、島らっきょうなど、今では通年で作られているものも元々は冬〜春(初夏)が旬です。
旬の野菜は価格が安定しやすいだけではなく、栄養価も高くなると言われていますから、そういった面でも旬の沖縄野菜をいただくのは良いでしょう。

毎年3月に沖縄フェアを開催する首都圏のチェーンスーパーでは、旬の沖縄野菜がズラッと並びます。
アンテナショップに限らず、沖縄野菜を仕入れていらっしゃるスーパーも意外とお近くにあるかもしれませんので、ぜひチェックしてみてください。

また沖縄では近年、西洋ハーブや色鮮やかなエディブルフラワー(食用花)も作られているのをご存知でしょうか?
人気のパクチーも生産されていますし、これらのハーブも同じく冬〜春が旬です。
11月末に訪問した沖縄県うるま市内の「うるマルシェ」では、様々な種類の葉野菜とともに、パクチー、バジル、レモングラス、ウイキョウなどのハーブが並んでいました。
関東圏では沖縄産ハーブを見かける機会はまだまだ少ないですが、この先ドンドン出荷されることを期待したいです。

沖縄では「ヌチグスイ(命の薬)」「食はクスイムン(薬になるもの)」など、「食べるもので体を整える」といったことを表すような言葉が今でも使われていますが、これは古くから薬食同源の思想が根付いていて、食養生の知恵が沢山あるからです。

また、ハーブを食することは体にも心にも効果があると言われています。
五感の中でも嗅覚は脳の分野に直接働きかけ、香りを嗅いだ人の気分を変える効果があると言われているためです。
更に良いことには、沖縄野菜は太陽や土壌のおかげで、抗酸化栄養素やミネラルが豊富です。
鮮やかな天然の色はフォトジェニックであり気持ちも上げてくれることと思いますので、寒さが増すこれからの時期に、沖縄野菜を見かけたら是非お手に取ってみてください。

さて、8月から始めさせていただいたこのコラムも、今年最後の記事となります。
お読みくださった皆様、有難うございます。
そして来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

【参考文献】
・「チャンプルースタディー」
http://chample-study.com/index.html
・「沖縄県農林水産物データベース くゎっちーおきなわ」
https://kuwachii-okinawa.com/agri-db/
・『琉球料理と沖縄の食生活』/翁長君代著/績文堂発行
・ 南の島おきなわの心を伝える情報誌『uchina』/沖縄教販発行


HabuColumn 玉城久美子 バックナンバー

Blog: http://kumyokinawanlifestyle.ti-da.net
料理教室情報: http://kumyokinawanlifestyle.ti-da.net/c414552.html
Instagram: https://www.instagram.com/kumy_s/

  お問い合わせバナー