【HabuColumn】玉城久美子 #22
By habu-connection On 7 6月, 2019 At 12:36 AM | Categorized As HABUコラム, 玉城 久美子 | With 0 Comments

【HabuColumn】玉城久美子
#22 夏だ!沖繩だ!コーヒー泡盛だ!!

沖縄ライフスタイルアドバイザーの玉城久美子です。

沖縄は梅雨明け間近、関東は梅雨入り間近ですね。
(執筆日現在の予想で書いておりますので↑、ズレていたらすみません・・・)
「夏だー!」と言い切るにはまだ早いですが、一足先に、夏気分のドリンクを作ってみませんか?

「コーヒー泡盛」です!!

泡盛はコーヒーの風味や香りとも相性が良く、「泡盛が苦手」という方でも気に入って飲んでしまうほど人気の飲み方で、ご家庭でも簡単に作ることができます。
作り方は大きく2つ。
① 泡盛にコーヒーを加える(市販のアイスコーヒーを使えば一番カンタン!)
② 泡盛にコーヒー豆を浸ける

①に比べて②の方が少し手間がかかりますが(といっても3ステップです)、よりコクがあって美味しいコーヒー泡盛ができますので、今回はその作り方をご紹介します。

▽材料(作りやすい分量)
*お好みの泡盛(30度程度のもの)・・・600ml
* 深煎りコーヒー豆・・・40〜50g
*黒糖・・・お好みの量(目安:20g〜30g程度、入れなくてもOK)

▽ 準備
* 耐熱容器を煮沸するなどして殺菌し、乾かしておく

▽作り方
1. 準備した容器に、全ての材料を入れる
2. 陽の当たらない場所に置き、1日に1回軽く揺らして撹拌する
3. 2週間程度経ったら、豆を取り出して完成!
※ 1週間を過ぎたあたりから飲めます

▽ポイント
* 豆は、深煎りで酸味が少ないものを使う方が良いです
*豆を浸けっぱなしにしておくと、豆の油分が浮いてきたり酸味が出すぎることがありますので、2週間程度経ったら取り除く方が良いでしょう
* 飲み頃になったら冷蔵庫で保管し、早めにお召し上がりください

浸け始めから1〜2日経つと色づき、豆が沈み始めます。
(画像はレシピの半量で作っています)
3〜4日程度で豆が全て沈み色が濃くなり、この頃にはお酒よりもコーヒーの香りが強くなります。
1週間程度で黑褐色の液体が完成、この頃から飲み始めてOKです。
お好みの飲み方でお召し上がりください。

この作り方で作ったコーヒー泡盛は、度数が高い分アレンジ方法も多彩です。
ロックや水割りで飲むほか、牛乳や豆乳で割ってカフェ・オ・レ風にしても美味しいですし、アイスクリームに少し掛けていただくのも大人スイーツとしてオススメです。

豆を浸けてから日を追うごとに色合いや香りが変わってきて、だんだんと愛おしくなること間違いなし!ちょっとした「育てる楽しさ」も味わえます。
暑い夏にもジメジメした季節にもピッタリなコーヒー泡盛を、この夏の定番ドリンクとしてラインナップしてみてください。

ただし、口当たりが良いのでスイスイ飲んでしまいそうになりますが、度数が高いので要注意です!!

 


HabuColumn 玉城久美子 バックナンバー

Blog : http://kumyokinawanlifestyle.ti-da.net
料理教室情報 : http://kumyokinawanlifestyle.ti-da.net/c414552.html
Instagram: https://www.instagram.com/kumy_s/

  お問い合わせバナー