カミアワズ・WAIWAI STEEL BAND・Go Jean Paul出演!
By habu-connection On 6 10月, 2017 At 12:13 AM | Categorized As High Light, カミアワズ | With 0 Comments


沖縄とローカルをテーマに新しいプロジェクト「okinawa meets good&local」がスタート!

10月18日(水)に代官山 晴れたら空にまめまいてにて開催されるスタートアップイベントでは、沖縄や旅先で聞いたら気持ちいいをテーマに旅に合う音楽を奏でるアーティストをピックアップして行われる。
出演は群馬県水上高原リゾートで行われたNEW ACOUSTIC CAMP2017 NIMBUSステージのトリを飾ったカミアワズ。そして伊澤陽一を中心に「日常に寄りそう音楽の実践」を目指しスティールパンだけで結成された新世代スティールパンオーケストラWAIWAI STEEL BAND。沖縄民謡や阿波踊りを基調として様々な音楽を経由したFolk Songを唄う徳島の吟遊唄者Go Jean Paul(ゴジャンポール)。

Okinawa Meets Good&Localプロジェクトは音楽だけに留まらず、沖縄と各地のローカルとのコラボレーションを行っていく。プロジェクトスタートとして長崎県波佐見焼の陶磁器ブランドHASAMIとのコラボマグカップを現在、制作中。(発売は2018年1月予定)
okinawa meets good&localをご期待ください!

カミアワズ
2015年結成。同年11月に初のアルバム「愛すべき毎日に」を発表。2017年2月、石垣島にて開催された日本一早い春フェス「SPRING TRIPPIN’ ISHIGAKI」(比嘉 栄昇[BEGIN]、PUSHIN、ゆるめるモ!、ヤバいTシャツ屋さんらが出演)に異例の大抜擢され、出演を果たす。
気だるく何でもない日常の中の一瞬の感情を切り取った歌詞とギター、そしてタイト過ぎずに周りを固めるベースとドラムのリズム、そして豊かなコーラスワークが織り成すカミアワズサウンドと、ゆるく嚙み合わないMCがくせになる3ピースバンド。
 

WAIWAI STEEL BAND
ドラム缶からできた楽器「スティールパン」を操る、新世代スティールパンオーケストラ.総勢50名を超える大所帯バンドでダイナミックなライブを繰り広げている.スティールパン発祥の地、トリニダード・トバゴの音楽に影響を受けつつも、リーダー伊澤陽一のフィルターを通したノスタルジックで叙情的な世界観が特徴。
 

Go Jean Paul(ゴジャンポール)
ギターと三線を片手に弾き唄う、徳島の吟遊唄者阿波徳島代表傾奇者(かぶきもの)。
阿波弁で”めちゃくちゃな人”の意味である「ごじゃんぽ」と、10代の頃からのあだ名「ポール」がくっついてのフランス語読みで、ゴジャンポールと読む。沖縄民謡や阿波踊りを基調として、Reggae、Calypso,Soul,Sambaなど、様々な音楽を経由したFolk Songを唄う。
“グローバルに地球規模で考え、地域、ローカルに根差し行動する”ことを指標に掲げ活動している。
 

okinawa meets good&local music

■日時 2017年10月18日(水)OPEN 18:30 START 19:00
■会場 晴れたら空に豆まいて
渋谷区代官山町20-20 モンシェリー代官山 B2F
■料金 前売¥3,000 (+1Drink) 当日¥3,500 (+1Drink)
・晴れたら空に豆まいて 予約受付中!
【電話】 03-5456-8880(15:00〜23:00)
【予約フォーム】 http://mameromantic.com/?cat=20
■LIVE カミアワズ・WAIWAI STEEL BAND・Go Jean Paul
■お問い合わせ
・晴れたら空に豆まいて 【電話】 03-5456-8880(15:00〜23:00)
・ハブコネクション 【mail】 info@habu-connection.jp

■主催 okinawa meets good&localmusicプロジェクト
■協力 ハブコネクション・晴れたら空に豆まいて
カミアワズ HP
WAIWAI STEEL BAND HP

 


  お問い合わせバナー