ザ・レキオ出演『東ぬ風 南ぬ風』LIVEレポート!
By habu-connection On 13 12月, 2012 At 12:56 AM | Categorized As HABUコラム, LIVEレポート, ぐるくん, ザ・レキオ | With 0 Comments

横浜駅の隣、東神奈川にあるJ☆Bacchus(ジェーバッカス)で行われた『東ぬ風 南ぬ風~あがりぬかじ ぱいぬかじ~』。このイベントは沖縄出身のアーティストと、沖縄を愛するアーティストが共演することを目的とした音楽交流イベントで、今後も定期的に開催される注目すべきイベントだろう。
今回の出演はザ・レキオぐるくんという、ともに沖縄をルーツに持つ三線サウンドを特徴としたバンドの共演であった。
開演前からJ☆Bacchusは熱気ムンムンの満席。1回目にして、このイベントへの期待が感じられた。

まず初めにステージに立ったのは、ぐるくん。横浜を中心に活動している4人編成のバンドで、沖縄のエイサーをモチーフにした曲などが特徴の沖縄ロックサウンドだ。祝節の三線フレーズで始まる「真夜中のパレード」でライブはスタート。愛想のいいMCと笑顔で歌う姿は、ボーカルの人柄が良くでている。

●ぐるくんSETLIST
1、真夜中のパレード
2、虫かご
3、アオミドリ
4、冬の砂辺
5、極東フィーバー
6、燦々
7、唐船どーい

7曲を演奏したぐるくんのライブが終わり、会場がほどよい盛り上がりに包まれると、観客は次に出演する「ザ・レキオ」の登場を待ちきれない様子。15分後、いよいよザ・レキオの登場。会場の予想とは裏腹に、しっとりとした「僕は今」でライブはスタートした。その静けさとハーモニーに、会場は一気にザ・レキオワールドに突入。2曲目の「シマコトバ」で心拍数を上げ、「HAISAI」ではコール&レスポンスに大合唱と、ライブバンドとしての風格を見せつける。MCをはさみ、NEWアルバムの最後の曲「おーい」、三線の山川隼平が友達の結婚式の為に作った「航海」へと続く。

●ザ・レキオSETLIST
1、僕は今
2、シマコトバ
3、HAISAI
4、おーい
5、航海
6、シェケェナぺーぺー
7、いいあんべー
アンコール
1、泡盛週末

この日のザ・レキオは、メンバー間でのアイコンタクトがとくに多く、3人がライブを楽しんでいるのを感じた。セットリストを見ると新旧の曲で構成されており、ベストアルバム的な内容になっている。初めてザ・レキオを体験する人も置き去りにしないサウンドは、最後には会場一丸となり大合唱、カチャーシーで締めくくられた。東京へ出てきて半年。ザ・レキオは、確実に次のステージに向かっているのを感じずにはいられないライブだった。

最後は、ザ・レキオとぐるくんで即興ながら「島人の宝」でセッション。途中アクシデントがあったものの温かくフィナーレを迎えた。

次回の『東ぬ風 南ぬ風~あがりぬかじ ぱいぬかじ~』は、1月25日(金)に行われる。出演は、石垣島出身のカワミツサヤカと神奈川を中心に活動するエンドレスサマー という異色の組み合わせ。このイベントならではの必見の共演となるであろう。

PHOTO by 茂木孝文

 

 


  お問い合わせバナー