片山恵理唄三線教室
By habu-connection On 11 1月, 2013 At 12:27 AM | Categorized As High Light, 三線LIFE, 三線教室sense | With 0 Comments

片山恵理唄三線教室表紙

片山恵理唄三線教室(森下教室)

◆三線教室のご案内◆

●森下教室
住所:東京都墨田区菊川1-17-7 三稲総業ビル1F
株式会社ブルーズマン・ジャパン あやはびる堂
交通:都営新宿線 森下駅より徒歩6分

<森下教室クラス別 曜日スケジュール>

・火曜日 ビギナークラス  20時~
・水曜日 通常クラス     19時~/20時~

・木曜日 アドバンスクラス 19時~/20時~
・土曜日(第二&第四)
 ビギナーズクラス 12〜14時 通常クラス 13〜15時 アドバンスクラス 15時半〜17時半
・日曜日
 ビギナーズクラス 12〜14時 通常クラス 13〜15時 アドバンスクラス 15時半〜17時半
(全曜日とも、都合により休講となる場合があり。その場合は口頭、または公式ブログ、Twitter、Facebookページで告知)

■入会金 無料
■受講チケット 10,000円/5回分(全教室共通チケット制)
チケットの有効期限は、発行日から半年間です。
■そのほか
・お稽古10回分(チケット2枚分)のスタンプがたまると、11回目の受講料が無料になるサービスつき
(チケット3枚目の「プレミア枠」が適用されます)
・教材は無料提供・合宿等イベントあり

※詳細については、ホームページをご覧ください。
HPアドレス:http://katayama34.sblo.jp/

ビギナークラス:
工工四がまだスムーズに読めない方、三線の勘所(左手で絃を押さえる場所)がまだスラスラと押さえられない方、バチの持ち方や角度が定まらない方は、こちらのクラスで稽古しましょう。

通常クラス:
一人でも工工四を読みながら三線を弾くことができるようになった方は、このクラスへ。課題の民謡曲10曲を、稽古してゆきます。

アドバンスクラス:
通常クラスの中から、習得の進み具合や出席日数等などを考慮しつつ、講師が選抜した生徒さんが学ぶクラスです。早弾き、三下り曲、二揚曲など、さまざまな課題に取り組んでゆきます。

片山恵理唄三線教室A

片山恵理唄三線教室(森下教室)での年末の最終レッスンにお邪魔いたしました。普段のレッスンは10人前後という事なのですが、この日は全クラス合同ということもあり、大勢の生徒さんが参加されていた。この三線教室は、月謝制ではなくチケット制なのが特徴。ゆっくりじっくり自分のペースで学ぶも良し、人よりもどんどんレベルアップを目指して学ぶも良し。自分の都合に合わせて、受講ができる。おもに民謡中心のレッスンを行っている。

片山恵理唄三線教室B

ここでは、音楽を追及することの楽しさをおぼえられる。三線が奏でるリズム、ハーモニー、そして歌詞とシンプルな構成ゆえに奥はさらに深い。とくに印象的だったのは、リズムをとても意識してレッスンを進めているところ。「リズムを怠ると、ヘタウマになってしまう」と片山恵理さんは言う。何となく楽しいというだけではない、物の探し方のヒントを学べるかもしれない。またほとんどの生徒さんが、ハンディレコーダーを持参してレッスンを録音している。そういったところに、この教室の情熱さを感じる。

片山恵理唄三線教室C

夏には三線合宿などを行うほど、教室の雰囲気もとても魅力的。取材した日も、他県から数時間かけて参加する生徒さんが多数いたのも印象的だ。
見学、無料体験(要予約)も積極的に行っているので、参加して観てはいかがだろうか。唄を知ることにより、さらに沖縄を深く知ることができるはず。


  お問い合わせバナー