島音interview きいやま商店!5thアルバム「空とてんぷらと海のにおい」発売記念!プレゼントあり!
By habu-connection On 1 4月, 2015 At 09:10 AM | Categorized As High Light, きいやま商店, 島音interview | With 0 Comments

島音interview-きいやま商店!表紙

石垣島出身・在住の従兄弟・兄弟で結成されたエンタメユニット・きいやま商店、待望の通算5枚目のアルバム「空とてんぷらと海のにおい」リリースを記念しインタビューを行った。ロックンロールあり、スカあり、バラードありとバラエティにとんだアルバムの制作秘話、曲やアルバムへの思いを3人に語ってもらった。

―アルバム発売おめでとうございます。 今回のアルバム短い期間での制作だったと思うのですが、アイデア豊富で3 人の音楽性が表現されている思いっきりのいい作品になっているな、と感じたのですが生みの苦しみって実は、どうだったんですか?

マスト(以下M):もぅ大変だった。今までは、11 曲入りで11 曲しか作らなかったけど。今回は、初めての試みとして、いっぱい曲を作ろうと、30 曲作った。その中から選んだ11 曲なので、いっぱい曲を作る苦しみもあり、その中からチョイスしてさらにそれを作り上げていく作業だった。もう本当に今回、生みの苦しみは、一番だったかもしれない。
だいちゃん(以下D):一か月間、1日1曲作るペースだったので。
リョーサ(以下R): 目標は、70 曲だったもんな。
M:出来なかったけどね。
R:それでも30曲近くは、つくったよな
D:でも調子のいい日は、1日2曲ポンポンとできたりとかしつつだったんで。
M:だからその溢れた曲もいいわけよ。変な曲、1曲もなくて
D:選ぶのにも悩んだ

―では今回の選曲にあたって決め手となったのは何ですか?

M:1曲1曲が、かぶらないように
R:例えば「君へのメロディー」みたいなしっとりの曲も何曲かあったよね。今回は、これ入れたから次へ回そうとか。
M:バラードだけでもいっぱい作ったわけ、その中から選んだのはこれなわけ

―そうなんですね。

M:バラードってやっぱり似合わないから、きいやまって。入れるか悩んだんだけど。

―では今回は、思い切っていれてみようと

D:そうそう
M:しかも普通のバラードというか、きいやまの要素がないというかさ、方言でもないし

―そうですよね。とくに石垣の人ってイントネーションとかに訛りが出ないですよね。例えば本島のミュージシャンとかだと語尾に方言のイントネーションがかかってきますよね。石垣の人って綺麗な発音だと感じるのですが。

M:よく言われるよね訛らないって。

―だから思い切って選曲してきたなという印象はありました。

R:初めてかも知れないねこういうの入れたのは。
M:一応、制作チームがあって僕ら以外にもスタッフもいたから、その人たちの意見も聞きながらだから、こういう標準語というのも生まれた
R:まぁでも今回、“分かりやすく作ろう”もテーマにあったんじゃない。めっちゃ方言っていうのもあるけど、もうちょっと分かりやすいのも作ってみようみたいなのも。

―2 曲目の「あるよね~」はラップ中心の曲ですよね

M:これね、裏話をいうとライブで「面白い話、すべらない話」をやっていたのを歌にしようと。本当は、メロディーも作ろうとしたけどこの譜わりでまとめるのは、大変と。
R:
M:例えば5・7・5 にまとめんとイケんとか無理、ラップにしたら大丈夫じゃない(笑)
R:それぞれみんなで作ってきて
M:ちゃんと聞くとみんな長さがバラバラ(笑)

―今回「あるよね~」みたいなトラックのループものが多かったように感じますが自分たちの中にそういうサウンド感覚は、あったものなんですか?

M:好き
D:好きだねループで回していくのは。
R:大好き

―世代的には、クラブとかループ系がはやり始めた世代ですよね

R:そうだね
M:ループ出始めだね

―だからではないですが何かアルバム的に聞きやすかったし、なんて言うか時折クラブサウンドというかオシャレなイメージを感じました。きいやまのサウンドの引き出しの多さを。

M:一曲目もモータウン風のリズムを取り入れたりして
D:「いっくわち」とかは、オースティンパワーズみたいなイメージだけど
M:色んなサウンドを参考にしても、出来上がるときいやま商店になるっていう(笑)

―シングルの「言ったらだめよ」もこの並びで聞くと、またイメージが違く感じました。

M:おっいいね~
D:やっぱりシングル2 曲しかないから、このジャンルの中にいれたらね
R:そうね
M:やっぱりスカっていう感じが映えてくるよね、ここはこう来たかみたいな!

―バラエティに富んでいるから、今回とおして聴けるアルバムになっているなと

D:それは意識したよ
M:ずーっとつなげて聞けるって

―このサンプルを頂いて聞いたのが、沖縄に行っている時に車だったんですよね

R:そぅそれが一番いい!それが狙い!
D:ドライブしながら聞いてほしいなっていうのがあって
M:流しっぱなし、そしたら曲順通りに聞いてくれるかなって

―すごい耳にはいってくるんですよね、突き抜けている感があって。自分たちの中で今までのきいやまではない、きいやまに行こうとしたのかな?と感じたのですがいかがですか?

M:そう実は、逆で元に戻ろうとしたの。でもサウンドは、進化してて、だいぶね。
R:サウンドはね新しいね
M:何か“らしさ”が無くなったよねとか散々言われたし。戻さんといかんなとかは思った

―それは悔しかった?俺たちは変わってないよ

M:悔しいというか“らしさ”ないのも、きいやまだから全然いんじゃないかなって思ったけど、“らしさ”って何だろうって思いながら作ったのが今回のアルバムかもしれない。っで「自分らしく」っていう曲があるんだけど。

―曲のつくり方は、誰かがベースを作ってきてそれをみんなで仕上げる感じですか?

M:そういう曲もあるよ中には。でもそれやると実は、あんまり面白くなくて、3人で作った曲が面白い。バラードとかは、3 人で歌詞つくったけど全然、進まんかったわけよ、恥ずかしいからね(笑)もう一人でやろうって。

―そういうのあるんですね(笑)

M:バラードの歌詞は、みんなで作るのは恥ずかしい。「あるよね~」とか他の面白い歌はどんどんすぐできるわけよ3 人だと(笑)

―では1人1人このアルバムで思入れのある曲を教えてください。

M:俺は「自分らしく」。この曲は本当は、1年前に出来上がっていた。4 月に出来上がったから今からレコーディングしたら発売が夏になると。だから待って待ってその間に歌詞も変わったりして。この歌詞も3 人で書いて苦しくて、やっとでた歌詞だから。
D:あんなに時間かかったの初めてかもしれない、1番かかったと思う。

D:僕は、「頑張れよ!」が好き。キャッチーだし、あの懐かしい俺らが好きだったロックンロールな感じが僕は。

―この曲は、ライブっぽい感じがしますよね

D:そうそうそう!
M:おいっ!おいっ!おいっ!って俺れら高校の時ずっとおいっ!だったしな(笑)
R:間違いなく盛り上がるね
D:ライブでやるのが楽しみ。

R:俺は「マブヤーNIGHT」とかもいいね。レコーディングは、全部3人でやったわけ演奏も。曲はちょっとマジメだけど歌詞はものすごい面白と、きいやまら“らしさ”出てるんじゃないかなと。3人だけでこの前リハーサルしたけどこの曲が1番グルーブが出たのでライブが楽しみ。

―お父さんになってからはどうですか?「父ちゃんの歌」とかは影響ですか?

R:実は、「父ちゃんの歌」父の日の歌を作ろうというテーマがあったわけ。でも全然歌詞が出てこなかったわけ。曲もガラッとかえて最後の最後に録ったんだけど。これ作った時は、まだ子供生まれてないわけよ。
D:もうすぐっていう生まれるっていう時だったから
R:2 週間前位につくって、もうすぐ俺もオヤジになるぞっていう思入れのある歌だね。父ちゃん聞いたらどう思うかなって、実話なので(笑)

―そうなんですね(笑)アルバムの最後にあの曲が入っているのがすごくいいなぁと感じました。今日はありがとうございました。

“らしさ”の追求と進化したサウンドが記録されたニューアルバム。それぞれの変化をサウンドに表現し、さらなる進化をとげた3人。BSフジ「be ポンキッキーズ」金曜日レギュラーの決定と、いよいよ全国区へきいやま商店の快進撃がはじまった。石垣島のおばぁちゃんのお店「きいやま商店」が閉店し看板を背負った3人の渾身のアルバム「空とてんぷらと海のにおい」。このアルバム以前、以降できいやま商店の歴史が大きく変わるかもしれない。

インタビュアー 釣本 忠勝

空とてんぷらと海のにおい表紙

『きいやま商店』プロフィール
kiiyama_アー写石垣島出身の従兄弟・兄弟で結成された『エンタメユニット』。リョーサ( 長男/Vo&三線)、だいちゃん( 従兄弟/Vo&Gt)、マスト( 次男/Vo&Gt)。ユニット名「きいやま商店」は3人のばあちゃんが 石垣島で営むお店の名前から命名。個々が作詞作曲もこなし、3 人が生み出す楽曲は、身内ネタ満載の愉快なコミックソングからバラード系アゲアゲ系までバラエティに富み、老若男女問わず幅広い世代に支持され多くのファンを魅了。パワー溢れるステージパフォーマンスと爆笑トークは必見!!目指すはドリフターズ、夢は紅白歌合戦出場!現在は沖縄ファミリーマートのCM にも起用され、沖縄県内にてCM 大量オンエア中!また新石垣空港開港PR プロジェクトでは、石垣島の先輩でもあるBEGIN と初のコラボでPR ソングを完成

個人プロフィール(L→R)
●リョーサ(Vo&Gt・三線)
崎枝 亮作(長男の長男)Ryosaku Sakieda 1975.12.8 生 A 型 八重山モンキー(Vo)
●だいちゃん(Vo&Gt・サンレレ)
崎枝 大樹(次男の長男) Hiroki Sakieda 1976.1.3 生 O 型 BEE!BANG!BOO!(Vo)
●マスト(Vo&Gt・ウクレレ)
崎枝 将人(長男の次男) Masato Sakieda 1977.3.10 生 O 型 ノーズウォーターズ(Vo)

島音interview-きいやま商店!スイッチ


  お問い合わせバナー