文化を伝え、地元で愛され続ける「沖縄 のこしたい店 忘れられない味」発売中!
By habu-connection On 9 5月, 2017 At 09:33 AM | Categorized As okinawan book, power push | With 0 Comments

「沖縄-のこしたい店-忘れられない味」それぞれの料理や飲み物で、風情と味ともに「ナンバー1」の店を厳選。他にかけがえのない「オンリー1」の店ばかり!

沖縄には、独特の歴史と風土から生まれた、個性的な店が数多くあります。
おじぃやおばぁがやっている沖縄そばの店、琉球王国時代の宮廷料理の流れを受け継ぐ琉球会席、体も心も癒されるヒージャー汁(ヤギ汁)の食堂、市場の片隅で続くりシークヮーサージュースを売るスタンド、アメリカ軍政中の時代にオープンしたアメリカンスタイルのドライブインなどなど。

こうした店は最近、チェーン店や開発の波に押されて数が減りつつありますが、地元の人に愛され続ける名店であり、沖縄の長い歴史や風土が詰まった、大切な沖縄の食文化といえます。

本書では、こうしたお店を紹介しながら、沖縄の古きよき文化や風土について触れていきます。沖縄を愛する人、沖縄のことをもっと知りたいリピーターの人にも、ぜひおすすめしたい、保存版的内容です。

■第10回 キッチンミノル写真展 ”『沖縄 のこしたい店 忘れられない味』出版記念”
出版を記念し6月23日(金)~6月29日(木)の期間、富士フォトギャラリー銀座にてキッチンミノル写真展 『沖縄 のこしたい店 忘れられない味』が開催されます。
富士フォトギャラリー銀座HP

【著者紹介】
中村 雅之:
横浜能楽堂館長。1959年北海道生まれ。法政大学大学院修士課程修了。 日本の古典芸能の専門家として、プロデュース・執筆・講演など幅広く活躍。 プロデュースした琉球舞踊の公演が、「文化庁芸術祭大賞」を受賞。食や伝統工芸にも詳しい。 『古典芸能てんこ盛り』『英訳付き 1冊でわかる日本の古典芸能』(淡交社)、 『伝統芸能まるわかり 能・狂言』(偕成社)など。

キッチンミノル:
写真家。1979年米国テキサス州生まれ。雑誌や広告で人物、料理の撮影を中心に活躍。 著書に『春風亭一之輔~欧州篇~』(テキサスブックセラーズ)、『フィルムカメラの教科書』(雷鳥社)、 『春風亭一之輔の、いちのいちのいち』(小学館)などがある。

沖縄 のこしたい店 忘れられない味

・そばではない「そば」 きしもと食堂21
・胃袋は「二十四時間営業」 三笠
・先入観を打ち破る「命の薬」 イラブー料理カナ
・記憶を呼び起こす匂い 仲地山羊料理店
・五感を刺激するライブ感 道頓堀
・聖地巡礼 照ちゃんてんぷら
・餅と共に過ごす一年 やまや43
・「島言葉」と首里の味 富久屋
・琉球のおもてなし料理 美栄
・絶対に変えてはならない 新垣カミ菓子店
・お菓子の国の「為朝」 歩
・民謡と泡盛で夜は更ける 花ぬ島
・「ぜんざい」は、青春の思い出 千日
・とどまることを知らない「豚愛」 おでん東大5
・働く牛、食べられる牛、闘う牛 まんぷく食堂
・完璧な「古き良きアメリカ」 シーサイドドライブイン
・シークワーサーの出世物語 コーヒースタンド小嶺
・クリスマスに南米帰りの味 ブエノチキン
・「ジョウジュウ」が食べたい ジャッキーステーキハウス
・アメリカ世に根づいたタコス チャーリー多幸寿

単行本: 173ページ61S6CBRmdPL
出版社: 誠文堂新光社
言語: 日本語
ISBN-10: 4416517262
ISBN-13: 978-4416517260
発売日: 2017年5月1日
定価: 1,728円

 


  お問い合わせバナー