沖縄の瓦はなぜ赤いのか―沖縄のヒミツを知れば、あなたの人生は豊かになる 発売中!
By habu-connection On 8 10月, 2018 At 12:17 AM | Categorized As okinawan book, power push | With 0 Comments

沖縄らしさの代表である赤瓦をはじめ、食や暮らし、人間関係など、さまざまな角度から沖縄独自の文化を徹底的に分析し、幸せになるヒントを探る! 移住者インタビューや移住情報も掲載。

沖縄に移り住んできて、定住すると腹をくくった人は、異口同音に、こう言います。
「赤瓦の屋根の下に住みたい」
私は、沖縄で長年、建築士として働いてきました。こだわっているのはこの赤瓦の屋根です。自然環境が厳しい沖縄で、今なお、琉球の伝統的な赤瓦の家を守っていきたいと、新たな建築手法に挑戦してきたのです。

本書では、沖縄の魅力の断片を紡ぎながら、幸せになるヒントを伝えていきます。その中には、沖縄以外で暮らす人も、日々の生活に取り入れることで、心豊かな毎日を送れるようなことがたくさんあります。
同時に、沖縄への移住を考えている方々に、沖縄生活を楽しみ、ウチナーンチュ(沖縄の人)と楽しく付き合っていくコツについてもお知らせします。
ひとりでも多くの方が、本書を読んでウチナーンチュ的な生き方を取り入れて幸せになり、豊かな人生を送っていただくことを願っています。

(「はじめに」より抜粋)


著者プロフィール
山城東雄(やましろ あずまお)
1944年生まれ。沖縄工業高校建築科卒業後、建築設計会社での勤務を経て、34歳のときに東設計工房を設立して独立。その後、数々の困難を乗り越え、今に至る。建築設計は、必ず沖縄の赤瓦を使い、近代住宅と木造との「混構造」が特徴。赤瓦を多く使うことから、仲間からは「赤瓦のやまちゃん」と呼ばれる。「赤瓦の家を造ることによって、沖縄らしい町並みを残す」ことをミッションに、生涯現役として活躍中。

沖縄の瓦はなぜ赤いのか――沖縄のヒミツを知れば、あなたの人生は豊かになる

目次
第1章 沖縄の人たちを幸せにする「暮らし」と「風土」
第2章 毎日を楽しく暮らす「チムグクル文化(沖縄流コミュニケーション)」
第3章 日常に心を支える「祈り」がある
第4章 とこなつの沖縄で暮らしを快適にする「住まい」とは
第5章 沖縄で人生を謳歌する人々
第6章 沖縄移住のススメ

価格:1,512円(税込)
出版社: 白夜書房
言語: 日本語
ISBN-10: 4864941920
ISBN-13: 978-4864941921
発売日: 2018/10/1


 


  お問い合わせバナー