沖縄料理とかき氷 うるま食堂
By habu-connection On 1 2月, 2015 At 12:45 PM | Categorized As 沖縄居酒屋(東京) | With 0 Comments

沖縄料理とかき氷-うるま食堂表紙

沖縄料理とかき氷とアンティークチェア

■うるま食堂沖縄料理とかき氷-うるま食堂ec2
■住所 東京都港区芝浦3-14-17 ホワイトビル B1F
■TEL 03-6435-4002
■アクセス
JR田町駅から徒歩3分
▼営業時間
月~金11:30~14:00・17:00~23:00(L.O.22:00)土17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:日・祝日
▼ハブコネクション内リンク
看板ねーねー(file no.24)
~東京・首都圏の沖縄そばを食べに行こう~
▼外部リンク
東京 島のわ通信食べログ

島のわ通信バナー

田町芝浦地区は2020年東京オリンピックに向けてJRの新駅が出来る開発地周辺として今最も勢いのあるスポットのひとつ。その場所へ昨年2014年5月にオープンしたのが「うるま食堂」。

沖縄料理とかき氷-うるま食堂1

店内は濃いめのウッドで落ち着いた色味に統一洗練されながらもすぐそばに海辺を連想させる。それはライトに使われた硝子であり、厳選された泡盛や奄美の黒糖焼酎などの一升瓶であり、さりげなく掛けられた暖簾のグラデーションカラーであり、海を想像せずにはいられない。よく見ると客席は違う種類の椅子が使われている。オーナー自ら選び抜いた一点物のアンティークチェアでこちらもまた海辺のカフェをイメージした。

沖縄料理とかき氷-うるま食堂2

中でも目を引くのが琉球グラスのキープ棚。全部で50個並べられたグラスはそれぞれ個性がありながらもお互いを引き立て合い誇らしげだ。こちらは残念ながらキープ受付は終了しているそう。次のチャンスを待つのも来店するひとつの楽しみ。
うるま食堂のメニューは、ザ・沖縄料理とは少し違う。沖縄料理を知り尽くしたオーナーと料理長がここでしか食べられない沖縄料理を、とさらに一歩手間や工夫を凝らし食材にもこだわったオリジナルが揃っている。

沖縄料理とかき氷-うるま食堂3

特にオススメは「鶏そば」¥750(税抜)沖縄そばでは珍しい鶏白湯スープを6時間掛けてじっくり煮込み
コシのある「首里手揉みそば」を使用。少し平たい麺がトロトロの鶏白湯スープによく絡み、ほんのり効いたショウガで体も温まる。最後の一滴まで飲み干したくなる逸品。

沖縄料理とかき氷-うるま食堂かき氷

お店の看板でもあるかき氷。沖縄本島南部の農家から仕入れ、店内で搾汁したミネラル豊富なサトウキビを使用したシロップとフワフワの氷はここでしか食べられない。また黒糖焼酎を使った島サワー黒糖モヒートも女性に人気。メインストリートからちょっと外れたディープな沖縄を味わえるうるま食堂、新しい沖縄に出会えるお店。

沖縄料理とかき氷-うるま食堂4

うるま食堂のLINEでお得な情報をゲット!
うるま食堂QR

photo Macoto Miura writing Yuko Kanai


  お問い合わせバナー