沖縄料理 琉の介
By habu-connection On 2 6月, 2015 At 12:38 PM | Categorized As High Light, 沖縄居酒屋(東京) | With 0 Comments

沖縄居酒屋-東京表紙 (1)居心地、食べ心地、飲み心地抜群の、神田唯一の沖縄料理専門店

■沖縄料理 琉の介沖縄居酒屋-東京ec
■住所 東京都千代田区鍛冶町2-7-2 後藤ビル B1F
■TEL 03-3252-5528
■アクセス
J R 神田駅 東口より30秒
▼営業時間
[月〜金] ランチ 11:30~14:00(LO:13:30)ディナー 16:00~24:00(LO:23:00)
[土]16:00〜23:00(LO:22:00)
定休日 日曜日・祝日
▼ハブコネクション内リンク
看板ねーねー(file no.40)
▼外部リンク
ホームページ食べログぐるナビ

島のわ通信バナー

昨年2014年4月にオープンして丸1年になった「琉の介」は、東京・神田駅東口目の前にある。東京駅の隣に位置する神田は、サラリーマンやOLさんが多いオフィス街。ランチも営業する琉の介にもやはりサラリーマンやOLさんが多く訪れる。早いときはお昼の12時ごろから居酒屋ではお酒を楽しむ方が多く見られるという神田の街。琉の介もディナータイムは16時オープン。飲み初めの早い神田の客層にもれなく合わせているのはそのためだ。

沖縄居酒屋-東京8

地下1階にあるお店は座敷席、テーブル席、カウンター席の計36席。席数だけとってみると小振りだが、開放されたドアと導線が広めに取られた店内は広々と感じられる。沖縄から資材を調達したという内装はトタン屋根のカウンター席、掘りごたつの座敷席、赤瓦屋根のテーブル席と場所ごとに雰囲気が変わる。土壁と黒い天井、木の床が細長く続き、さらにキッチンが奥まっていることもあり統一感と落ち着きがある。接待で利用する方も多いのは納得の、大人の酒場の印象だ。

沖縄居酒屋-東京2 (1)

お酒を楽しむお客様が多いという琉の介。お酒のお供のおつまみが豊富な琉の介のオススメメニューは「ゴーヤちゃんぷる」¥680(税別)。シンプルな味付けのゴーヤーチャンプルーは、厚めに切ったゴーヤーの苦み、豚肉の甘みなど素材の味が生きる。

沖縄居酒屋-東京1 (1)

「自家製ラフテー」¥700(税別)。名物のとろとろ煮込んだラフテーの味付けは甘すぎず、肉の脂の甘みが引き立つ。半熟卵と煮汁を絡めて食べると至福のうまさ。

沖縄居酒屋-東京3 (1)

「カーリータコスチーズ」¥650(税別)。カーリーポテトフライにタコスミート、さらにチーズがかかった最強の組み合わせ。オリオンビールを飲んだ口が待ち望んでいる逸品。

沖縄居酒屋-東京4 (1)

「もずくの天ぷら」¥500(税別)。伊是名島産・ちゅらゆーなの早摘み生もずくを使用した、カリカリの天ぷら。もずくの味がしっかりしているので、揚げたてを何もつけずに食べてみよう。

沖縄居酒屋-東京6

琉の介は「沖縄に免疫のない方でも楽しめる」をお店のコンセプトにしている。お酒好きのサラリーマンが多いとはいえ、オープン当初は泡盛への認知度が低かったという。メニュー表の泡盛のページには、ボトルの写真、味の説明がひとつひとつ分かりやすく載せてある。
そして泡盛初心者のために泡盛の前割りもメニューに加えた。オープン1年が経ち、新酒では琉の介オリジナルラベルの「直火請福」、古酒では「菊の露VIPGOLD」など泡盛人気も上々だという。

沖縄居酒屋-東京5

接待で来店するお客様には大皿ではなく事前に取り分けて提供するなど、お客様に対して柔軟に、臨機応変に対応するのがお店唯一のこだわり。営業時間やお店の内装、メニュー表までお客様ベースで考えられていることが伺える。神田で一番お客様のことを考えるお店でありたいという琉の介は、お客様とともに成長を続けるお店。


  お問い合わせバナー