沖縄食堂 やんばる
By habu-connection On 17 2月, 2015 At 12:38 AM | Categorized As 沖縄居酒屋(東京) | With 0 Comments

沖縄食堂-やんばる表紙

安心の味、安心の空間。

■沖縄食堂 やんばる沖縄食堂-やんばるec2
■住所 東京都新宿区新宿3-22-1
■TEL 03-5269-3015
■アクセス
JR新宿駅 東口より徒歩1分
▼営業時間
月~日 11:00~24:00(L.O.23:30)
定休日 無
▼外部リンク
東京 島のわ通信食べログぐるなび

島のわ通信バナー

「沖縄食堂 やんばる」のルーツは創業21年になる2軒先のカウンター席のみのお店「沖縄そば やんばる」。確かな味と、新宿エイサーの立ち上げにも関わったという創業者の人柄から、ファンが多い本店がもっとたくさんのお客様に沖縄料理を食べてほしいとオープンしたのが2号店「沖縄食堂 やんばる」。

沖縄食堂-やんばる1

沖縄料理店では珍しい規模の3階建てのつくりは全部で114席。明るくワイワイ楽しんでもらうため食堂の雰囲気が満載。メニューが豊富ですべてリーズナブルに提供しているのは、沖縄料理をもっと身近に手軽に食べてもらいたいという21年前の創業当時から変わらぬ想いがあるから。

もずくの天ぷら

やんばるオススメメニューは「もずくの天ぷら」¥450(税込)。衣を付けずに揚げている天ぷらは、もずくや人参、かまぼこの具材がバラバラにならないよう揚げるのに技術が詰まっている。サクサク、パリパリの食感ともずくの塩味が効いているのでそのままでもおいしい。お好みでカレー塩をつけて。

ドゥル天島ししとうの味噌炒めユシ豆腐

「ドゥル天」¥350(税込)。田芋と椎茸と豚コマ切れ肉、キクラゲを練り上げた自家製のドゥル天は他では味わえない粘りのある食感。
「島ししとうの味噌炒め」¥500(税込)。沖縄の季節ごとの旬の料理も提供するやんばる。ただいま期間限定で味わえるのが、島ししとう。万願寺ししとうの仲間の島ししとうは、やはり大きめ。黒糖が隠し味の味噌炒めはほんのりした甘さとししとうのピリ辛がとまらない。
「ユシ豆腐」¥500(税込)。豆から手作りの自家製豆腐をそば出汁ベースのあったかスープで食べる、ユシ豆腐(よせ豆腐)。アーサー(アオサ)とネギのトッピングがスープと良く合う。豆の香りが際立つ逸品。
裏メニューも随時増えるやんばるは、裏メニュー情報をfacebookやツイッターで配信している。最新は「ハッシュビーフのオムレツ」。お客様からの切望を叶えたメニュー。裏メニューを知っていると鼻が高い。

沖縄食堂-やんばる2

医食同源をうたう、やんばる。昨年からは4~5月にかけてゴーヤーの苗木を200本、お店に来店したお客様に渡しゴーヤーのグリーンカーテンで緑を増やす活動に取り組んでいる。苗木はお店の料理で使うゴーヤーから出た種を、スタッフの嶋さんが自宅で発芽させたもの。今年もゴーヤーの苗木か種を配布する予定というから楽しみだ。健康的な沖縄料理を通じて、沖縄の文化を伝えていきたいという、やんばる。その想いは、確かに東京に根付き私たちひとりひとりに届いている。


  お問い合わせバナー